やる気
モチベーション
がなくなった社員
どうしたらいいの

優秀
社員とりたい

言った通りできない社員
どうしたらいいの

そんな企業のお悩みとロフティー・ジャパンは向き合い、その企業にふさわしい研修を行います。

このような悩みが生まれるのはすべて「意識」の違いです。

「意識」は無意識の領域で変化します。

LBTは、知識能力を磨きながら日々のトレーニングで意識変革させます。




//
    //★★List1
  • LBTの特徴

  • //★★List2
  • 新人研修

  • //★★List3
  • 中堅社員研修

  • //★★List4
  • 管理職研修

Curriculum

カリキュラム

LBTプログラムは、貴社のお悩みの内容に合わせてカリキュラムをご提供いたします。

ロフティー・ジャパンの基本カリキュラム
  • Social Basicソーシャルベーシック

    「社会を知る(時事&歴史)」
    モチベーション向上

    全3回 150分:1講座

    仕事をするための社会的意義を、ご自身の目的意識に合わせて理解していきます。会社や学校では学ばない社会を学びます。本当のモチベーションが見つかります。

    回数 タイトル
    1 ■会社とは?・仕事とは?『仕事・会社の意味を理解する』
    ■組織とは何?『組織の発生から役割(存在意義)・成長まで
    2 ■報酬とは何?『対価交換の原理』
    ■権利と義務と責任の考察『自立と依存を考える』
    3 ■社会の成り立ちを理解する『政治と経済と私たちの生活』
    ■仕事を取り巻くキーワード考察『残業って何?』など

    ※カリキュラムの一例です。

  • Human Basicヒューマンベーシック

    「人を知る」
    コミュニケーション力向上

    全3回 150分:1講座

    行動心理学に基づいたコミュニケーション力を身につけていきます。人はなぜ動くのか、怒るのかなどの感情のメカニズムをワークを通して体験します。

    回数 タイトル
    1 ■価値観の形成過程を理解する(ABC理論)『感情の発生過程』
    ■人間関係を心理学的に分析する(交流分析)
    2 ■コミュニケーションの3要素(ノンバーバルコミュニケーション)
    ■反報性の心理(コミュニケーション成立の基本原理)
    3 ■メッセージの伝え方(Iメッセージ&Youメッセージ)
    ■欲求はどのように生まれるか(マズローの欲求5段階説)

    ※カリキュラムの一例です。

  • Negotiation training営業・販売

    「交渉センスを磨く」
    接客・販売・営業力強化

    全6回 180分:1講座

    営業のための基本意識から、姿勢に至るまで人として社会で生きるための営業力を実演を交えて自分のものにしていきます。徹底的に相手を喜ばせるトレーニングです。

    回数 タイトル
    1 ■営業マンの役割について『営業マンである前に人としての心得』
    ■営業マンのために必要なマーケティング知識『ベネフィット・AIDMAなど』
    2 ■商品を理解する『自社のベネフィットを理解する』
    ■人間関係構築考察『人脈構築の考え方・動き方』
    3 ■話し手の心を受け止める聴き方『アクティブリスニングの5技法』
    ■聞き手に優しい話し方『PREP話法』
    4 ■コミュニケーションを深める尋ね方『アスキングの3技法』
    ■勉強の仕方考察『どのような知識を身につけるかで価値は変わる』
    5 ■成果を上げる営業プロセス研究『成果を上げる習慣のつくり方』
    ■ポジティブシンキング『不安を近づけない生き方』
    6 ■営業の数字を理解する『80:20の法則』・『1:29:300の法則』など
    ■営業マンのニュースの読み方『景気とお金の流れ方を理解する』

    ※カリキュラムの一例です。

  • Marketing Trainingマーケティング

    「視点・考え方を知る」
    ビジネスセンス強化

    全6回 180分:1講座

    ビジネススキルで必要な商売センスを、成功事例のケースメソッドを用いて、考察していきます。どこでも使える商売繁盛のメカニズムを身につけるトレーニングです。

    回数 タイトル
    1 ■成功する企業の視点『マーケティングの3つの視点』
    ■繁盛店はベネフィットを訴求する『顧客ベネフィットを理解する』
    2 ■市場に認知させる活動『購買心理学:AIDMA/AISASの法則』
    ■あなたのお客さんを捜す、保持する『ターゲッティング』
    3 ■お客さんをどうやって見つける?『チャンネル選択』
    ■価格をどうやって決める?『プライシング』
    4 ■あなたの企業(お店)は何を提供する?『ポジショニング(ベネフィット)』
    ■お客さんの記憶に残るお店づくり(サービス)『知覚品質の研究』
    5 ■市場はブランドを選ぶ『最も簡単なブランディング構築論1』
    ■市場はブランドを選ぶ『最も簡単なブランディング構築論2』
    6 ■売上を上げるための方程式『戦略×遂行能力』
    ■事例から考えるマーケティング演習『ケースメソッド』

    ※カリキュラムの一例です。

  • Leadership Trainingリーダーシップ

    「品格を磨く」
    人間力の強化

    全4回 180分:1講座

    人の上に立ち、事業を引っ張っていける能力を養うトレーニングです。

    回数 カテゴリ 目的 カリキュラム
    1 業務の研究 仕事の意味を知る者に人は従う
    =プロフェッショナル意識
    ■仕事(社会的責任)の目的
    ■役割の考察
    ■学び方について(学習姿勢)
    2 技術の研究 頼りがいのある者に人は従う
    =魅力あるリーダーの統率能力
    ■課題解決技法
    ■ティーチング&コーチング
    ■目標設定&ファシリテーション
    3 生き方の研究 生き方を確立した者に人は従う
    =言動の源泉
    ■先人に学ぶ
    ■死生観(悔いなき人生)
    ■それぞれの人生観
    4 人間関係の研究 人を知らぬ者に人は動かせない
    =人としての器
    ■価値観の形成
    ■人としてのマナー(礼儀・作法)
    ■影響力の研究

    ※カリキュラムの一例です。

教育理念

Lecturer

講師

株式会社ロフティー・ジャパン
代表取締役社長

夏山 直道

(社)日本マーケティング協会会員
心理カウンセラー
ABH(米国催眠療法協会)認定
NLPマスタープラクティショナー
ITTO認定

夏山 直道

 建設の現場監督を経て、30 歳で起業。 2001 年、ある会合にて某大企業の会長様に出逢い、人生は一変。 夏山の社会での仕事・役割は教育者であると教えを頂く。 それまで、必要に迫られては活きる為の勉強をして問題を解き続けてきた 姿勢が、会長からするとこれからの日本に必要であるとのお考えであった。 戸惑いは隠せなかったが、今でも会長の言葉を胸に、日々邁進している。 一流ビジネスマンが口を揃えて「学生の頃に受けたかった!」という要望のもと、2014年より学生&新社会人向け『アンドデザインアカデミー』も月一度、都内にて開講中。

Performance

実績

様々なジャンルの企業で研修をさせていただいています。

  • ビジネススクール導入・講演実績

    ◆通信・サービス・メディア

    NTTドコモ様、ソフトバンク様、NHK放送局様

    ◆金融・保険・不動産

    アクサ生命保険様、九州幸銀信用組合様、西鉄不動産様、新韓銀行様

    ◆電機メーカー

    ソニー様

    ◆食品・医療・衣料・鉱業・ガス

    DHC様、ホテルニューオータニ博多様、三越福岡様、旭硝子様、養老乃瀧グループ様、ダリヤ様、コスモ様、イムズ様、シティーコンタクト様、九州ノーリツ様

    ◆観光・ホテル・デパート

    東武ホテルマネジメント様、東武トップツアーズ様、JRサービスネット福岡様、仙台国際ホテル様

    ◆学校・教育サービス・官公庁

    ヤマハ様、パソナ様、総務省様、仙台市医師会様、PMC(Personal Managers Club)様、東京都トラック協会様、商工会議所様、早稲田スクール、中央大学様、東京在学大学生(早稲田・東京大・東京工業・東京医学・慶応義塾・中央)様

    ほか多数

    < 研修対象者 >

    上級顧客・店長・マネージャー・販売スタッフ・店舗スタップ・営業スタッフ・集金スタッフ・経営者・美容師 店舗経営者・通信関連企業担当者・特約店経営者・営業代理店関連スタッフ・外資系企業 人事担当責任者の会・起業家・ホテルサービスマン・バーテンダー・シェフ・内定者・新人・若手・次世代リーダー・中堅・管理職・人事総務部・キャリアセンター・各財団法人

  • 講演タイトル一覧

    ●営業・接客の上で使える交渉術やコミュニケーション力について

    ●自分や部下のモチベーションをコントロールできる方法や社内・社外での上手なコミュニケーション方法について

    ●店頭接客時に有効に使える接客術やお客様側の「消費者心理・視点」を備える。

    ●スタッフのコミュニケーション力アップや現場力アップについて

    ●自己モチベーションアップやポジティブシンキングについて

    ●顧客視点・心理とは?営業力を高めるには? 営業・マーケティング脳を鍛える。

    ●モバイルマーケティングの基本考え方や具体的な施策:成功事例を交えて、今の生活者を知る

    ●店頭・現場力を上げる!売上げをあげる「マル秘公式」とは?

    ●現場力アップやコミュニケーション力のアップについて

    ●マーケティングの基本と売り上げUPへの5原則について

    ●自分や部下のモチベーションをコントロールできる方法や営業スタッフの「営業力、人間力」の向上を目指す

    ●マーケティングの基本と消費者・社会の変化について

    ●モバイルマーケティングの基本、生活者心理について

    ●モチベーションコントロールやコミュニケーション力について『あなたのビリーフ(Belief)は何ですか?』

    ●仕事の意味と社会・組織の意味を知る!問題解決脳を鍛える!

    ●人間関係が楽になる心理学セミナー

    ●コミュニケーション力アップセミナー

    ●リーダーシップ、コミュニケーション力について

    ●部下の指導方法

    ●起業フォローアップセミナー『自分らしく生きる~いま起業家に必要なのは“志”』

    ●『ベンチャーの真実』経営者にいま求められているモノとは?売上げをあげるために、必要な要素・モノとは?

    ●新入社員のための段取り力強化研修

    ●マーケティング・マネジメントの原理原則を学ぶ管理者基礎研修

    ●売れる営業マネジメント

    ●業績向上を実現する売れる営業会議マネジメント

    ●営業初心者のための営業基礎

    ●法人営業のための営業戦略・計画策定研修

    ●売れる!実践マーケティング

    ●経営感覚を養うマーケティング基礎

    ●顧客価値を起点としたマーケティング思考習得研修

    ●実践的なマーケティング施策立案に向けた仮説構築研修

    ●顧客視点での現場改革推進研修

    ●メンバーのやる気・持ち味を引き出すコーチング

    ●チーム力を向上させる職場の中核メンバー開発研修

    ●グローバルマインドセット、異文化コミュニケーションの受容

    ●セクシャルハラスメント退治

    他多数・・・

    —大学内キャリア講演

    ●インターンシップ研修

    「仕事」ってなに?「社会」ってなに?〜選ばれるより、選ぶ自分に。インターンシップのすすめ〜

    ●報酬とはどういうもの?責任とは何?

    ●私たちをとりまく社会と生活の関わり

    ●社会の見方が変わる!「時事の楽しみ方」

  • メディア掲載情報

    ■IT Business News(2004年1月23日)ロフティー携帯活用し低価額で顧客に情報配信 (同ホームページにて掲載)

    ■日経産業新聞(2004年1月23日)顧客に安く情報配信~携帯メールの活用の新技術~

    ■西日本新聞(2004年2月3日夕刊)「語」~迷惑メール送らず顧客信頼得る~

    ■電波新聞 西日本版(2004年7月13日)「ドコモ九州が法人向けセミナー[モバイルで勝つ]」 地域No.1の戦略顧客が群がる携帯電話の決め技教えます」

    ■NTTドコモ広報誌「e-beside VOL.3 Topics」導入事例として鹿本ショッピングセンターRIOを掲載

    ■NTTドコモ広報誌「e-beside VOL.4 Topics」導入事例として株式会社ヤマキを掲載

    ■日本経済新聞 九州経済(2005年2月17日)「失敗の原因突き止め」のテーマにて掲載

Mission

使命

ロフティー・ジャパンはビジネスマン・クラフトマンを育成します。

ロフティー・ジャパンはさまざまな経験から、社会とは、「価値を創造し、価値を流通させるビジネスマン」「価値を考え、価値のあるものをつくるクラフトマン」「与えられた価値を与えられたように全うするパートタイマー」の3つのタイプで動いていると考えています。

この3つタイプは必要不可欠です。しかし、企業が成長するためには、「ビジネスマン」「クラフトマン」を育成し、活躍させる必要があります。

ロフティー・ジャパンは、そんな企業にとって貴重な「ビジネスマン」「クラフトマン」を育成するためのトレーニングをご用意しています。

ロフティー・ジャパンはビジネスマン・クラフトマンを育成します。

Contact

お問い合わせ

お気兼ねなくお問い合わせください。

お名前(必須)
電話番号(必須)
e-mail(必須)
会社名
件名
本文